2020年5月29日金曜日

ハマスゲの塊茎に「やせ薬」の効果がある可能性を見出した

Pharmacological Investigations of Cyperus rotundus Tuber Extract in Monosodium Glutamate Induced Experimental Animal

DOI: 10.24092/CRPS.2020.100102

Munesh Kumar, Manisha Rani, Bibekananda Meher

Current Research in Pharmaceutical Sciences 10(01): 06-12(2020). 

2020年5月27日水曜日

イタリアのクロヌマハリイ近縁種の分布

MORPHOMETRIC SURVEYS ON ELEOCHARIS PALUSTRIS (L.) ROEM. ET SCHULT. (CYPERACEAE). THE CONTRIBUTION OF HERBARIUM INVESTIGATIONS TO THE DELIMITATION OF ITS SUBSPECIES AND THEIR DISTRIBUTION IN ITALY

doi: 10.13133/2239-3129/16502

Lastrucci L., Lazzaro L., Lunardi L., Fiorini G., Viciani D.

ANNALI DI BOTANICA 10: 97-105 (2020).

Eleocharis palustris クロヌマハリイ(広義)
 E. palustris subsp. palustris
 E. palustris subsp. waltersii

Eleocharis palustris subsp. waltersiiがイタリアに分布していること(新産地)、E. palustris subsp. palustrisはイタリア全土に分布することが分かった。

2020年5月22日金曜日

ロシアからコシンジュガヤの新変種

Scleria parvula subsp. tumanganica (Cyperaceae), a new taxon from the Russian Far East

http://dx.doi.org/10.11646/phytotaxa.441.1.7

ELENA A. CHUBAR

Phytotaxa 441(1) (2020).

記載と検索表あり。

2020年5月20日水曜日

インド ケーララ州 自然保護区のカヤツリグサ科植物

Comparatve phytosociological assessment of three terrestrial
ecosystems of Wayanad Wildlife Sanctuary, Kerala, India

DOI: htps://doi.org/10.11609/jot.4754.12.5.15631-15645

M. Vishnu Chandran, S. Gopakumar & Anoopa Mathews

Cyperus pilosus オニガヤツリ
Kyllinga nemoralis オニヒメクグ
Rhynchospora corymbosa ヤエヤマアブラスゲ

インド ケーララ州ワヤナード・ワイルドライフ自然保護区-Google map-
https://goo.gl/maps/eknQumGA1XH54Tgg6

2020年5月18日月曜日

ボリビアとアルゼンチンのスゲ新産地と新種発表

Chorological, nomenclatural and taxonomic notes on Carex (Cyperaceae) from Bolivia and northern Argentina

DOI 10.1007/S12225-020-9880-8

P. Jiménez-Mejías, M. Fabbroni & A. Haigh

KEW BULLETIN 75:24(2020).

国レベルの新産地としてボリビアに2種、アルゼンチンに1種、地域レベルの新産地として6種を発見。新種C. giovanniana Jim.Mejíasの提唱とタイプ指定をおこなった。

2020年5月15日金曜日

インドのテンツキ1種のレクトタイプ指定

Second-step lectotypification of Fimbristylis alboviridis (Cyperaceae)

DOI: http://dx.doi.org/10.11646/phytotaxa.442.1.7

ANAND KUMAR, KUMAR AVINASH BHARATI

Phytotaxa 442(1) (2020).

Fimbristylis alboviridisのレクトタイプ指定をするためにインドにおける分布域と間違われやすいテンツキとの違いを明らかにした。

2020年5月13日水曜日

南アフリカでノグサ属の新種を発見

Schoenus inconspicuus (Cyperaceae, tribe Schoeneae): a new species from Southern Africa

http://dx.doi.org/10.11646/phytotaxa.440.3.6

TAMMY LYNN ELLIOTT, DOUG I. W. EUSTON-BROWN, A. MUTHAMA MUASYA

Phytotaxa 440(3) (2020).

2020年5月11日月曜日

カナダ サスカチュワンにおけるスゲの進化

Phytogeographical differentiation of the genus Carex
(Cyperaceae) in Saskatchewan, Canada

https://doi.org/10.33542/TJB2020-1-01 

Ivan M. Danylyk & Vladimir V. Kricsfalusy

Thaiszia - J. Bot., Košice, 30 (1): 001-021 (2020).

地域、気候帯、標高などからカナダ サスカチュワンのスゲをタイプ分けして比較したところ、ふたつの進化の方向性が見出された。

カナダ サスカチュワン-Google map-
https://goo.gl/maps/LPsMJ2BX31EUwi7VA

2020年5月8日金曜日

オランダにおける外来種としてのマルホハリイとその近縁種の現状

Eleocharis ovata and its alien allies in the Netherlands

E. L. A. N. Simons, J. J. Wieringa, S. Gonggrijp

Gorteria – Dutch Botanical Archives 42:28-35 (2020).

2011-2012年にオランダでEleocharis obtusaとエンゲルマンハリイが外来種として認識されて以降のハリイ属、特にマルホハリイとその近縁種について、現状を調査した。

2020年5月6日水曜日

インドで調査されたカヤツリグサ科植物の有効利用

Diversity and indigenous uses of plants in Naina Devi Sacred Shrine Rewalsar, Himachal Pradesh, North Western Himalaya, India

DOI: https://doi.org/10.22271/chemi.2020.v8.i2s.8939

International Journal of Chemical Studies 8(2): 1265-1276(2020).

Sunil Marpa, SS Samant, Ashish Tewari and Shiv Paul

ハナビスゲが飼料として利用されている(インド、中国)。

インド ヒマーチャル プラデーシュ州 -Google map-
https://goo.gl/maps/fLLd9MUCe1ASDXeb9

2020年5月4日月曜日

AHAS遺伝子解析における中国のタマガヤツリの変異

Variation in mutations providing resistance to acetohydroxyacid synthase inhibitors in Cyperus difformis in China

https://doi.org/10.1016/j.pestbp.2020.104571

Zheng Li, Xiangju Li, Jingchao Chen, Licun Peng, Jingjing Wang, Hailan Cui

Pesticide Biochemistry and Physiology (2020).

AHAS遺伝子を解析することで中国のタマガヤツリが16つの異なる変異をもった集団に分けることができた。

2020年4月29日水曜日

ハリイ属の1類について、種の範囲を形態・遺伝的に調べた

Allopolyploidy and genomic differentiation in holocentric species of the Eleocharis montana complex (Cyperaceae)

https://doi.org/10.1007/s00606-020-01666-8

Lucas Johnen, Thaíssa B. de Souza, Danilo M. Rocha, Letícia M. Parteka, Maria S. González-Elizondo, Rafael Trevisan, Srinivasa R. Chaluvadi, Jeffrey L. Bennetzen & André L. L. Vanzela 

Plant Systematics and Evolution 306(39)

Eleocharis montana complexについて、解剖学的、ゲノムサイズ、細胞遺伝学的、遺伝学的な形質を用い、それぞれの種の範囲を調べた。

2020年4月27日月曜日

アメリカではショクヨウガヤツリも細菌性病原体に罹る

Alternative Hosts in the Families Poaceae and Cyperaceae for Xanthomonas vasicola pv. vasculorum, Causal Agent of Bacterial Leaf Streak of Corn

https://doi.org/10.1094/PHYTO-04-19-0132-R

T. Hartman, B. Tharnish, J. Harbour, G. Y. Yuen, and T. A. Jackson-Ziems

Phytopathology (2020).

アメリカでは2016年にXanthomonas vasicola pv. vasculorum病原体が発見されていたが「ネブラスカコーン」での話だった。ところが、今回の生育実験でショクヨウガヤツリも影響を受けることが分かった。

2020年4月24日金曜日

ヒデリコのアレロパシー効果

Phytochemical Profile and Evaluation of the Allelopathic Effect of the Aqueous Extract of
Fimbristylis miliacea (L.) Vahl (Cyperaceae)

https://doi.org/10.5296/jas.v8i3.16353

Ana Claudia Martins da Silva, José Jailson Lima Bezerra, Ana Paula do Nascimento Prata, Renan Cantalice de Souza, Cynthiane Lins de Albuquerque
Paulino

Journal of Agricultural Studies 8(3) (2020).

ヒデリコのアレロパシー物質がチシャとナンカイウスベニニガナの生育に影響しているかどうかを調べた。

2020年4月22日水曜日

種分化の新たな解析方法の模索

Tackling rapid radiations with targeted sequencing

doi: 10.3389/fpls.2019.01655

Isabel Larridon*, Tamara Villaverde, Alexandre R. Zuntini,  Lisa Pokorny,  Grace E. Brewer1, Niroshini Epitawalage, Isabel Fairlie, Marlene Hahn, Jan Kim,  Enrique Maguilla,  Olivier Maurin, Martin Xanthos,  Andrew L. Hipp,  Félix Forest and  William J. Baker

Front. Plant Sci. (2019).

近代に急速な分布域の拡散が起こった分類群の種分化の仕組みについて解析する方法をC3、C4回路を両方持つカヤツリグサ属で検討した結果、利用した被子植物向けとカヤツリグサ科向けのキットでは結果に大きな差が出ないことが分かった。

2020年4月20日月曜日

ショクヨウガヤツリの脂肪酸の有効活用先

Comparative study of fatty acid composition and nervonic acid contents of four tropicals plants: Ricinodendron heudelotii, Cyperus esculentus, Citrullus colocynthis and Irvingia gabonensis from Côte d'Ivoire.

DOI: 10.5897/AJB2019.16805

Diomande, I., Djohan, F., Soro, P., Koffi, C., Kapongo, K. B., Tiahou, G. G.

African Journal of Biotechnology 18(28): 754-765(2019).

ショクヨウガヤツリの脂肪酸について、化学的な分析をしたところ、食べ物や薬として利用できる価値があることが分かった。

2020年4月17日金曜日

インド ヒマーチャル・プラデーシュ州で黒穂病に罹患しているカヤツリグサ科植物

A checklist of rust fungi from Himachal Pradesh, India

DOI: 10.11609/jot.4238.11.14.14845-14861

Ajay Kumar Gautam & Shubhi Avasthi

Journal of Threatened Taxa 11(14): 14845–14861(2019).

Carex setgera (Shimla:シムラー)
Carex flicina (Shimla)
Carex nubigena (Kufri:クフリー, Shimla) ミノボロスゲ基本種

インド ヒマーチャル・プラデーシュ州 シムラー-Google map-
https://goo.gl/maps/B61yQrVPricoj8rHA

インド ヒマーチャル・プラデーシュ州 クフリー, INDIA-Google map-
https://goo.gl/maps/JXDiy3mTTUfQPnHP7

2020年4月13日月曜日

超苦鉄質岩石に生育するカヤツリグサ科植物

Co-inoculation with a bacterium and arbuscular mycorrhizal fungi improves root colonization, plant mineral nutrition, and plant growth of a Cyperaceae plant in an ultramafic soil

https://doi.org/10.1007/s00572-019-00929-8

Alexandre Bourles, Linda Guentas, César Charvis, Simon Gensous, Clarisse Majorel, Thomas Crossay, Yvon Cavaloc, Valérie Burtet-Sarramegna, Philippe Jourand & Hamid Amir 

Mycorrhiza (2020).

超苦鉄質岩石に生育するカヤツリグサ科植物 Tetraria comosaについて、温室内でバクテリア感染させた状態を作出し、影響を比較したところ、根の成長に関わっていることとCa/Mg比率によっては成長に差がないことが分かった。

2020年4月10日金曜日

マダガスカルのシンジュガヤ属25分類群

マダガスカルのシンジュガヤ属25分類群

A revision of Scleria (Cyperaceae) in Madagascar

https://doi.org/10.3767/blumea.2019.64.03.01

J. Galán Díaz, K. Bauters, L. Rabarivola, M. Xanthos, P. Goetghebeur, I. Larridon

マダガスカルのシンジュガヤ属について調査したところ、25分類群が見つかり、そのうち8種は固有種だった。全分類群について、写真、分布図、検索表、記載文がある。

Scleria achtenii
S. rosea
S. andringitrensis
S. madagascariensis
S. perpusilla
S. ankaratrensis
に加え19分類群。

2020年4月8日水曜日

トルコ サムスン県の山岳地域のカヤツリグサ科植物

Floristic Patterns and Qualities of Forage Species from Mountainous Rangeland in the Middle Black Sea Region of Turkey

https://doi.org/10.24925/turjaf.v8i3.733-740.3256

İbrahim Aydın, Betül Pak, Duygu Algan, Nuh Ocak

Turkish Journal of Agriculture - Food Science and Technology 8(3): 733-740 (2020).

Carex acuta
Carex panicea

トルコ サムスン県 -Google map-
https://goo.gl/maps/fYZjBk1zc5tL4xz4A

2020年4月6日月曜日

外来植物コウボウムギが定着するまでの動向

A decade of expansion of the invasive plant Carex kobomugi in a coastal foredune system

https://doi.org/10.1007/s10530-020-02240-6

Charbonneau, B.R., Nicoletta, R. & Wootton, L.S. 

Biol Invasions (2020).

1929年、ニュージャージー州でコウボウムギが発見されたのが最初。2008年からの調査により、外来植物としてのコウボウムギがどのように増えていくかを検証した。

アメリカ ニュージャージー州 ビーチ島 -Google map-
https://goo.gl/maps/LxNDwKtrjLisWs18A

2020年4月3日金曜日

インド オリッサ地方のマングローブ地帯に生育するカヤツリグサ科植物

Mangrove plants of Odisha: an ecological
indicators & sources of bioactive compounds

Akash Das, R. S. Devi and S. Kumar

JOURNAL OF BIODIVERSITY AND CONSERVATION 4(1): 298-299 (2020).

Cyperus arenarius
Cyperus conglomeratus
Cyperus corymbosus
Fimbristylis ferruginea
Scirpus litoralis
 
インド オリッサ -Google map-
https://goo.gl/maps/kUqvT2E7cWAFCnkc7

2020年4月1日水曜日

インド ラーンチー ジャールカンドのカヤツリグサ科植物

Studies on the aquatic and semi- aquatic Angiosperms of Kanke Dam, Ranchi, Jharkhand

Prasanjit Mukherjee and Jyoti Kumar

PHYTOTAXONOMY 18(2019).

Cyperus rotundus ハマスゲ
Cyperus corymbosus
Cyperus iria コゴメガヤツリ
Cyperus difformis タマガヤツリ

インド ラーンチー ジャールカンド -Google map-
https://goo.gl/maps/NsuJcuu3Q9rEisEY9

2020年3月30日月曜日

イヌクログワイの殺虫効果

PHYTOCHEMICAL SCREENING AND ANTHELMINTIC ACTIVITY OF ALCOHOLIC EXTRACT OF FRUITS OF ELEOCHARIS DULCIS

Fahadul Islam, Md. Faysal, Tasnim Aktar Trina, Md. Zamshed Alam Begh, Md. Al Amin, Md. Mamunur Rashid, Md. Mizanur Rahman

PharmacologyOnline 3: 94-99 (2019).

イヌクログワイの塊茎が昔から薬に使われていることから、実際にメタノール抽出した成分を濃度別に線虫に投与し、その効果を調べた。

2020年3月27日金曜日

中国のCarex retrofracta

Notes on Carex (Cyperaceae) from China (VI): the identity of Carex retrofracta Kük. (sect. Confertiflorae)

XIAO-FENG JIN, YONG-DI LIU, YI-FEI LU, WEN-YAN SUN, HONG WANG

Carex retrofractaとその近縁種を形態とDNA解析で再調査したところ、種を分ける必要がないことが分かった。ところが、 湖南省南部と広西チワン族自治区の集団は新しい分類群として取り扱う必要があることが分かった。

中国 湖南省-Google map-
https://goo.gl/maps/83SrjBD9NiDJhDu4A

イタリア シシリー島から新雑種

Molecular characterization of hybrids in Carex (Cyperaceae) by cloning: Carex paniculata × remota (= C. × boenninghausiana)

ENRIQUE MAGUILLA, MÓNICA MÍGUEZ, TAMARA VILLAVERDE, FRANCISCO JAVIER VARGAS-MONTES, MODESTO LUCEÑO

Phytoaxa 435(2)

Carex paniculata × remota(ヤブスゲ)

2020年3月23日月曜日

堆積物古代DNA解析による種の推定

A complete Holocene lake sediment ancient DNA record reveals long-standing high Arctic plant diversity hotspot in northern Svalbard

https://doi.org/10.1016/j.quascirev.2020.106207

Linn H.Voldstad, Inger G.Alsos, Wesley R.Farnsworth, Peter D.Heintzman, Lena Håkansson, Sofia E.Kjellman, Alexandra Rouillard, Anders Schomacker, Pernille B. Eidesen

Quaternary Science Reviews 234(2020).

sedaDNA(堆積物古代DNA)解析により、スヴァールパル諸島に生育していた植物を推定した。

Carex lachenalii タカネヤガミスゲ
Carex (glareosa ススヤスゲ, marina ススヤスゲ, ursina)
Carex (nardina, rupestris カラフトイワスゲ)
Carex (parallela)
Carex (saxatilis チシマナルコ基本種)

カッコ内の種名は、現在生育している種のDNAと類似したことから推定した。

スヴァールパル諸島 -Google map-
https://goo.gl/maps/3NtTEra5qcnhpbVp6

2020年3月20日金曜日

ヒマラヤ山脈で絶滅リスクが高い植物

Conservation and prioritization of threatened plants in Indian Himalayan Region

https://doi.org/10.1007/s10531-020-01959-x

Poonam Mehta, K. Chandra Sekar, Deepika Bhatt, Ashutosh Tewari, Kapil Bisht, Shashi Upadhyay, Vikram S. Negi & Bhawana Soragi 

Biodivers Conserv (2020).

Cyperaceae (65 species) が対象のうち、Fimbristylis crystallinaがリスクが高い。

International Union for Conservation of Nature (IUCN:国際自然保護連合) 
http://www.iucn.jp/

ヒマラヤ山脈 -Google map-
https://goo.gl/maps/bd5kKNzoipvzE9qm9

2020年3月18日水曜日

新産地ラトビア(欧州)マスクサ亜属

CAREX STENOPHYLLA WAHLENB.(CYPERACEAE) A NEW SPECIES FOR THE FLORA OF LATVIA

P Evarts-Bunders, G Evarte-Bundere

Acta Biol. Univ. Daugavp. 19 (2) 2019.

標本調査により、マスクサ亜属のCarex stenophyllaがラトビアで発見された。

ラトビア -Google map-
https://goo.gl/maps/j7MEY7nxcEtHscDc9

2020年3月16日月曜日

ハマスゲの細胞毒性と抗菌剤としての効果

In vitro cytotoxic and antimicrobial effects of a novel peroxysesquiterpene glucoside from the rhizomes of Cyperus rotundus L (Cyperaceae)

http://dx.doi.org/10.4314/tjpr.v19i2.16

Mohammed N Sabir, Kawkab Y Saour, Shwan Rachid

Tropical Journal of Pharmaceutical Research 19(2): 331-339 (2020).

ハマスゲの根茎の抽出物が細胞毒性と抗菌剤としての効果を持つかどうかをヒーラ細胞と微生物を使って調べた。

2020年3月13日金曜日

雑草としてのタマガヤツリがイネに与える影響

Effects of Echinochloa crusgalli and Cyperus difformis on yield and eco-economic thresholds of rice

https://doi.org/10.1016/j.jclepro.2020.120807

Zhihui Tian, Guohui Shen, Guohui Yuan, Kun Song, Junyao Lu, LiangjunDa

イネの生育に雑草が影響するのはどこからかを調査した。

Cyperus difformis タマガヤツリ

2020年3月11日水曜日

タスマニア ウィンドソング地域のカヤツリグサ科植物

TASMANIAN MUSEUM AND ART GALLERY’S EXPEDITION OF DISCOVERY I – THE FLORA AND FAUNA OF WIND SONG, LITTLE SWANPORT, TASMANIA

Matthew Baker, Simon Grove, Miguel de Salas, Catherine Byrne, Lyn Cave, Kevin Bonham, Kirrily Moore and Gintaras Kantvilas

the Royal Society of Tasmania, Volume 153: 5-30 (2019).

Baumea acuta (Labill.) Palla
Baumea juncea (R.Br.) Palla
Baumea tetragona (Labill.) S.T.Blake
Carex breviculmis R.Br. アオスゲ
Gahnia radula (R.Br.) Benth.
Lepidosperma concavum R.Br.
Lepidosperma elatius Labill.
Lepidosperma globosum Labill.
Lepidosperma gunnii Boeckeler
Lepidosperma inops F.Muell. ex Rodway
Lepidosperma laterale R.Br.
Lepidosperma longitudinale Labill.
Schoenus apogon Roem. & Schult. ノグサ
Tetraria capillaris (F.Muell.) J.M.Black

タスマニア ウィンドソング -Google map-
https://goo.gl/maps/GYi9sf5WUGVjtxWGA

2020年3月9日月曜日

ハマスゲが皮膚病に効きそう

Preclinical study of the topical anti-inflammatory activity of Cyperus rotundus L. extract (Cyperaceae) in models of skin inflammation

Journal of Ethnopharmacology (2020)

ハマスゲの根茎(香附子)抽出物が皮膚病に効果があることが分かった。

2020年3月6日金曜日

韓国国立資源資料館に収蔵されている韓国産タイプ標本

Type specimens of vascular plants in the herbarium of the National Institute of Biological Resources (KB) of the Republic of Korea

Phytotaxa 434 (2): 170–182 (2020).

HYUN-DO JANG, JEONG-MI PARK, CHANG-WOO HYUN, BYOUNG-YOON LEE & TAE-KWON NOH

Carex brevispicula G.H.Nam & G.Y.Chung, Ph.D. thesis, Andong Nat. Univ. 109, 2017.

2020年3月4日水曜日

新報告!アフリカ産カヤツリグサ科植物のプラントオパール

Revised taxonomic interpretations of Cyperaceae phytoliths for (paleo)botanical studies with some notes on terminology

https://doi.org/10.1016/j.revpalbo.2020.104189

May L.Murungi and Marion K.Bamford

Review of Palaeobotany and Palynology (2020).

アフリカ産カヤツリグサ科植物の「プラントオパール」の初報告。さらに、今回の発見に基づきカヤツリグサ科植物のプラントオパールの分類について提唱をおこなった。

2020年3月2日月曜日

染色体数の報告(ヨーロッパ)

Chromosome numbers of Carex (Cyperaceae) and their taxonomic implications

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0228353

Helena Więcław, Anna Kalinka, Jacob Koopman

PLOS ONE (2020).

アルメニア、オーストリア、チェコ、ポーランドのスゲの染色体数の報告と分類学的取り扱いについての提案。

Carex cilicica, 2n = 54; 
C. phyllostachys, 2n = 56; 
C. randalpina, 2n = 78;
C. muricata subsp. ashokae, 2n = 58; 
C. nigra subsp. transcaucasica, 2n = 84
C. ×decolorans, 2n = 74; 
C. ×walasii, 2n = 108.

2020年2月28日金曜日

ナイジェリア ウヨ大学構内のカヤツリグサ科植物

Preliminary Inventory of Plants Diversity in University of Uyo Main Campus

Omodot Timothy Umoh

Asian Journal of Research in Botany 3(2): 15-37 (2020).

Cyperus mapanioides
Cyperus procerus ホクトガヤツリ
Fimbristylis littoralis ヒデリコ
Kyllinga pumila
Mariscus longibracteatus
Pycreus lanceolatus

ナイジェリア ウヨ大学- Google map-
https://goo.gl/maps/zJwSkaRwXdaW2W4KA

2020年2月26日水曜日

ヒマラヤのスゲ2種を区別しないことに

The identity and typification of two endemic taxa of Carex (Cyperaceae) from Eastern Himalaya

ASOK GHOSH, TANMOY MALLICK, SUBRATA MAJUMDER, GAUR GOPAL MAITI, SAIKAT NASKAR

Phytotaxa 433 (3) (2020).

Carex crassipes and C. daltoni→C. daltoni

2020年2月24日月曜日

コロンビア バナナ農園のカヤツリグサ科植物

Weeds Associated with Banana Crops in Magdalena Department, Colombia

https://doi.org/10.1590/s0100-83582020380100015 

I. QUINTERO-PERTÚZ, E. CARBONÓ-DELAHOZ, A. JARMA-OROZCO

Planta daninha vol.38 (2020).

Cyperus compressus クグガヤツリ
Cyperus hermaphroditus
Cyperus iria コゴメガヤツリ
Cyperus laxus
Cyperus luzulae
Cyperus odoratus キンガヤツリ
Cyperus rotundus ハマスゲ
Cyperus surinamensis スリナムガヤツリ
Fimbristylis dichotoma テンツキ
Fimbristylis littoralis ヒデリコ
Kyllinga pumila

コロンビア マグダレナ -Googlemap-
https://goo.gl/maps/jyLQWukgcpsPqi228

2020年2月21日金曜日

ブラジル コロンバのカヤツリグサ科植物

Flood and fire affect the soil seed bank of riparian forest in the Pantanal wetland

https://doi.org/10.1590/2175-7860202071013 

Rodriguésia vol.71 (2020).

Thiago da Costa Kohagura, Evaldo Benedito de Souza, Francielli Bao, Fernando Alves Ferreira, Arnildo Pott

Cyperus haspan ツルナシコアゼガヤツリ
Cyperus surinamensis スリナムガヤツリ
Eleocharis minima
Eleocharis plicarhachis
Fimbristylis dichotoma テンツキ
Lipocarpha micrantha
Rhynchospora corymbosa ヤエヤマアブラスゲ

ブラジル マト・グロッソ・ド・スル州 コルンバ  -Googlemap-
https://goo.gl/maps/tvx6eawyZ8Y4AS5i9

2020年2月19日水曜日

パキスタン パンジャブ地方 シャーカーガー郡の薬用植物

Ethnomedicinal studies on aquatic plants of tehsil Shakargarh, Punjab, Pakistan

Mubarak Ali, Iram Mujahid Iqbal, Asad Shabbir, Zaheer-UD-Din Khan and Muhammad Tariq Adnan Khan

Journal of Medicinal Plants Studies 8(1): 15-19 (2020).


Cyperus rotundus (根茎) ハマスゲ
Cyperus digitatus (植物体全体)
Eleocharis palustris (根と茎) クロヌマハリイ
Scirpus macronatus (根茎)

パキスタン パンジャブ地方 シャーカーガー郡-Google map-
https://goo.gl/maps/T1cJ61JjyfY3vuE58