2020年4月3日金曜日

インド オリッサ地方のマングローブ地帯に生育するカヤツリグサ科植物

Mangrove plants of Odisha: an ecological
indicators & sources of bioactive compounds

Akash Das, R. S. Devi and S. Kumar

JOURNAL OF BIODIVERSITY AND CONSERVATION 4(1): 298-299 (2020).

Cyperus arenarius
Cyperus conglomeratus
Cyperus corymbosus
Fimbristylis ferruginea
Scirpus litoralis
 
インド オリッサ -Google map-
https://goo.gl/maps/kUqvT2E7cWAFCnkc7

2020年4月1日水曜日

インド ラーンチー ジャールカンドのカヤツリグサ科植物

Studies on the aquatic and semi- aquatic Angiosperms of Kanke Dam, Ranchi, Jharkhand

Prasanjit Mukherjee and Jyoti Kumar

PHYTOTAXONOMY 18(2019).

Cyperus rotundus ハマスゲ
Cyperus corymbosus
Cyperus iria コゴメガヤツリ
Cyperus difformis タマガヤツリ

インド ラーンチー ジャールカンド -Google map-
https://goo.gl/maps/NsuJcuu3Q9rEisEY9

2020年3月30日月曜日

イヌクログワイの殺虫効果

PHYTOCHEMICAL SCREENING AND ANTHELMINTIC ACTIVITY OF ALCOHOLIC EXTRACT OF FRUITS OF ELEOCHARIS DULCIS

Fahadul Islam, Md. Faysal, Tasnim Aktar Trina, Md. Zamshed Alam Begh, Md. Al Amin, Md. Mamunur Rashid, Md. Mizanur Rahman

PharmacologyOnline 3: 94-99 (2019).

イヌクログワイの塊茎が昔から薬に使われていることから、実際にメタノール抽出した成分を濃度別に線虫に投与し、その効果を調べた。

2020年3月27日金曜日

中国のCarex retrofracta

Notes on Carex (Cyperaceae) from China (VI): the identity of Carex retrofracta Kük. (sect. Confertiflorae)

XIAO-FENG JIN, YONG-DI LIU, YI-FEI LU, WEN-YAN SUN, HONG WANG

Carex retrofractaとその近縁種を形態とDNA解析で再調査したところ、種を分ける必要がないことが分かった。ところが、 湖南省南部と広西チワン族自治区の集団は新しい分類群として取り扱う必要があることが分かった。

中国 湖南省-Google map-
https://goo.gl/maps/83SrjBD9NiDJhDu4A

イタリア シシリー島から新雑種

Molecular characterization of hybrids in Carex (Cyperaceae) by cloning: Carex paniculata × remota (= C. × boenninghausiana)

ENRIQUE MAGUILLA, MÓNICA MÍGUEZ, TAMARA VILLAVERDE, FRANCISCO JAVIER VARGAS-MONTES, MODESTO LUCEÑO

Phytoaxa 435(2)

Carex paniculata × remota(ヤブスゲ)

2020年3月23日月曜日

堆積物古代DNA解析による種の推定

A complete Holocene lake sediment ancient DNA record reveals long-standing high Arctic plant diversity hotspot in northern Svalbard

https://doi.org/10.1016/j.quascirev.2020.106207

Linn H.Voldstad, Inger G.Alsos, Wesley R.Farnsworth, Peter D.Heintzman, Lena Håkansson, Sofia E.Kjellman, Alexandra Rouillard, Anders Schomacker, Pernille B. Eidesen

Quaternary Science Reviews 234(2020).

sedaDNA(堆積物古代DNA)解析により、スヴァールパル諸島に生育していた植物を推定した。

Carex lachenalii タカネヤガミスゲ
Carex (glareosa ススヤスゲ, marina ススヤスゲ, ursina)
Carex (nardina, rupestris カラフトイワスゲ)
Carex (parallela)
Carex (saxatilis チシマナルコ基本種)

カッコ内の種名は、現在生育している種のDNAと類似したことから推定した。

スヴァールパル諸島 -Google map-
https://goo.gl/maps/3NtTEra5qcnhpbVp6

2020年3月20日金曜日

ヒマラヤ山脈で絶滅リスクが高い植物

Conservation and prioritization of threatened plants in Indian Himalayan Region

https://doi.org/10.1007/s10531-020-01959-x

Poonam Mehta, K. Chandra Sekar, Deepika Bhatt, Ashutosh Tewari, Kapil Bisht, Shashi Upadhyay, Vikram S. Negi & Bhawana Soragi 

Biodivers Conserv (2020).

Cyperaceae (65 species) が対象のうち、Fimbristylis crystallinaがリスクが高い。

International Union for Conservation of Nature (IUCN:国際自然保護連合) 
http://www.iucn.jp/

ヒマラヤ山脈 -Google map-
https://goo.gl/maps/bd5kKNzoipvzE9qm9